export 5
FX負けパターン1 コツコツドカン

損切りをせずに勝率の高さをキープしていると
必ず、ドカンしてコツコツの利益がすべて飛びます。

投資の世界は損小利大で、資金を増やしていくゲームです。
損大利小にならないように気をつけましょう。

ただし、コツコツドカンであることを自覚しており
損切りの許容範囲をきちんと計算しているなら、損大利小でも利益を残せます。
また、こまめに出金するなどしてお金を残すように対応するのも良いでしょう。


海外FXは、出金手数料がかかるので、こまめに出金することが難しいですよね。
そこでおすすめなのはGemForexです。

24時間に1回なら出金手数料が無料です。
ビットウォレットなど手間がかかる口座ではなく、国内の銀行口座に出金されますよ。

GemForexは高額な無料ボーナスも随時、実施中です。
ぜひ、登録がまだな方はこちらからどうぞ!

GemForex公式ホームージ


FX負けパターン2 損切り貧乏

コツコツドカンは損切りできないことで起きることが分かりましたね。

「じゃあ損切りはしっかりしよう!」
「10pipsの逆指値はずらさないぞ!」

そう決意することは、とても良いことです。

しかし、その損切りに根拠がない場合は要注意。
意味もなく損切りを繰り返す、損切り貧乏になってしまいます。

例えば-10pipsと固定したい場合は、-10pipsになると根拠が崩れるところで、エントリーしましょう。

当たり前ですが損切りはお金が減っている行為です。

根拠が崩れているのに、損切りできずにお祈りするのは問題行為ですが、根拠もなく損切りを繰り返すのも大きな問題です。

損切り貧乏になる方は、エントリーを厳選して無駄な損切りがないようにしましょう。

FX負けパターン3 ハイレバ高ロット

海外FXの魅力はレバレッジ1000倍などのハイレバレッジです。
1万円の入金額でも、1lot(10万通貨)を持てるほどの威力があります。
1lot持って1pips動けば、1000円のお金が上下します。

高ロットで勝ち続けると、資金がとても豊かになるので夢がありますが
1度でも負けると起き上がれないほどの痛手を負います。

ハイレバ高ロットをする場合は、失っても生活が苦しくならない金額で行いましょう。

すべてなくなる確率が高いと考えてください。


FX負けパターン4 ナンピン

ナンピンすると助かる確率が高いのですが、相場が戻ってこない場合は必ず負けます。
ナンピンは極悪非道のように言われがちですが、使いようによっては強力な武器になります。

例えば1lot取引するつもりだとして、0.1lot×10でナンピンすれば平均レートが有利になります。
もちろん増し玉することもできますしね。

ただし、「上がったから売りのナンピン」「下がったから買いのナンピン」など
相場に踊らされているナンピンは要注意です。

ナンピンで勝つのは上級者の技です。上手く使いこなせないのなら、ナンピンは封印しましょう。

ーーー

※この文章はFX負けトレーダーが適当に思いついたことを勝ちトレーダー風に書いています。
笑ってほしいところです。負けトレーダーでも、それっぽいことが書けますね。口がうまいだけの詐欺師にはどうぞお気をつけください。

※私は詐欺師じゃないぞ!