イラスト



Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)に登録して、対象の本を読み放題しています。ここ数日。

今日は、この本を読んだおかげで、ご機嫌でいる方法が分かりました。





Kindle Unlimited登録していなくても99円で読める!安っ。

この本の中でも、常にご機嫌でいることを推奨しているのだけど(言い方は違うけど)

温泉につかっているリラックスした状態を例にあげていました。

温泉。確かに気持ちいい。でもうまく思い出せないなー。ずっと温泉に入ってないし。



と、モンモンとしていたのですが、今日の午前中に外で本を読んだときの気持ちを思い出しました。



木の下にあるベンチで、しっかりと日陰になっていて
太陽がギンギンで暑すぎるのに、その場所は涼しい
風が吹いてとっても気持ちがいい
空の青さ、雲の白さ、緑の鮮やかさ
それぞれがイキイキしていて
1つ1つがはっきりしながら調和している
そんな中でいる自分も自然と混じっているような
でも心の中はしっかりと温かい気持ちがある
温かいけどスッキリした爽快感があって

あーーーーーー
これが畏敬の念ってことーーー?

なんても気持ちがいいんだ。。。



と、その時は思っていました。




本を読んでわかったけれど
きっと、その時が私のご機嫌な状態。



その場所にいなくても、その時の状態になるように、心をスッと整える。
そうやってご機嫌の状態を作っていると、引き寄せがうまくいくんだなと。


とてもとても、しっくりきたのです。


ご機嫌にいる方法って、甘いスイーツを食べるとか、いっぱい寝るとかしか思いつかなかったけど
それを毎日するっていうのもおかしいし
なんかしっくりこないなぁと思っていたのですが
ようやくしっくりきました。

お菓子食べているときは幸せなんだけど、なんか違う。
血糖値急上昇~!って感じ。脳に刺激の原液ぶっかけてるかんじ。


自然に囲まれてリラックスしている状態は本当に良い。

蚊に2か所も刺されて悔しいから(服の上から刺された!)
虫よけスプレー買おっと。



Kindle Unlimited 無料体験あります。